夫が転職を頑張った話⑤「無職期間の過ごし方」

前回までのあらすじ

不安な気持ちが拭えないまま、夫婦で無職期間がスタートしました!

あ、コメントを頂いたのでお応えしますが、この話は数年前のことになります。

現在は一応夫婦で仕事してますんでご安心を!w

今まさに似たような状況、、という方は、応援しています!

何とかなったよ!と私も数年前の自分に言いたいです。笑

今回は、無職期間を始める時にした約束や、その間の過ごし方などについて書きたいと思います。

あわせて読みたい
▼前回の記事はこちら▼
夫が転職を頑張った話④「爆誕、無職夫婦」

▼一覧を見る▼
#夫が転職を頑張った話。

はじめに約束したこと

変わらず家に居ることは了承したものの、1つだけ約束をしてもらいました。

それは、夫婦で無職でいる期間について。

長くても1年間、と決めました。

その間に結果がでなければ夫は再就職する。

まだ見込みがありそうな場合は期間を延ばして、私が就職する。

期間を設けることでちょっと不安が減りました。

これは子育て中にも言えることなんやけど、先が見えるっていうのは大事なことだと思う。

夜泣きに悩まされとったときは、「この生活がいつまで続くんやろう」っていう焦燥感がしんどかった。

だから「言葉が話せるようになるまでがんばろう」「1歳になるまで頑張ろう」とか、今よりちょっと先の未来のことを考えながら過ごしていました。

わたしには何もできないと思っていたので、ただ気を紛らわすのに必死でした。笑

無職期間の過ごし方

夫が仕事を辞めてからも、夫が望んだように私と娘の生活スタイルはあまり変わりませんでした。

朝は夫を見送ったあと(図書館や講習、セミナーなどに通ってました)、家事をして、ご飯をつくり、外で遊ぶ。

ちょっとだけ変わったのは、私はあまりママ友を作らなくなったこと。

まあ以前もそんな積極的につるむ方ではなかったけど、ランチ好きのママ集団とはあまり関わらなくなりました。

単純にお金が掛かるし、状況がちょっと特殊なので色々聞かれたり事情を話すのがめんどくさくて。笑

児童館や公園に行って、その時に出会った親子と他愛もない話をする程度。

よく行ったのは海。ペットショップや、無料のキッズスペース、図書館など。

まだ娘はちいさく、週末なども特別なおでかけをする必要もなかったので、ひたすらお金のかからない近場へ行きよったしそれで十分だった。

住宅展示場とかね。

子供向けのイベントやってるし、色々貰えるからな。笑

仕事を辞めた後の夫

夫は退職後、数日休憩した後すぐに勉強をはじめました。

辞めた直後の恐怖感は、それはそれはやばかったらしい。笑

まさに、自分で敷いた背水の陣。

アパートの一室を夫の勉強部屋にして、勉強机と椅子も購入。(当時ダイニングテーブルもなかった)

夫はただひたすら勉強をする毎日でした。

1ヶ月後、夫は本格的に勉強を再開してから、初めて模擬テストを受けました。

そして、その直後から夫の様子がおかしいことに気づきました。

▼続きはコチラ▼

夫が転職を頑張った話⑥「夫がおかしい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA